FC2ブログ

top  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  賃貸住宅  >  HOMATホ‐マットシリーズとグランドメゾン上原レジデンス

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(仮称)目黒駅前タワープロジェクトの眺望と間取り | topページへ戻る | 白金台の芙蓉コンパウンド-外国人向け戸建て

このページのtopに戻る

HOMATホ‐マットシリーズとグランドメゾン上原レジデンス

2014-11-05

ホーマットといえば高級賃貸住宅の代名詞、興和不動産が手がけていた。現在は、新日鉄不動産と合併し「新日鉄興和不動産」と社名が変わっている。

高級賃貸住宅であるホーマットは、東京オリンピックが開催された翌年の1965年から外国人向けの高級賃貸住宅事業を始めた。その背景は日本に居留していた外国人が彼らのライフスタイルに合った賃貸物件を強く望んだこと、その需要とニーズに応えるため、六本木の「ホーマット インペリアル」を皮切りに、都心部のプライムエリアを中心に事業を展開してきた。
http://www.nskre.co.jp/company/business/residence/lease/homat/

社会に出た頃、都心でよく見かけた、家賃100万円の住宅とはいったいどんな人たちが住んでいるのだろうかと考えていたことがある。最近では、ホーマットの建替えも現れた。、「グランドメゾン上原レジデンス」は、1984年築のホーマット・デュークとホーマット・ダッチェスで、今回の物件はホーマット・ダッチェスの跡地、ホーマット・デューク跡地はこれからだそうです。

ホーマットシリーズ賃貸
http://www.rnt.co.jp/brand/lists/7/
関連記事

(仮称)目黒駅前タワープロジェクトの眺望と間取り | topページへ戻る | 白金台の芙蓉コンパウンド-外国人向け戸建て

このページのtopに戻る

コメント:

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る

プロフィール

Klubnika

Author:Klubnika
筆者は住宅や住環境について高い関心を持っており、筆者の居住地区である首都圏を中心にマンション等の情報観察を行っております。興味を引かれた物件、視野に入ってきた課題や問題等について私の知見を基に考察を書き記そうかと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。