FC2ブログ

top  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  新築マンション  >  大鳥前商栄会商店街のリビオ目黒ザ・プレイス

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住友不動産 山手通り沿いに(仮称)中目黒四丁目8番計画 | topページへ戻る | 目黒駅前再開発 目黒駅前タワープロジェクトの壁案内

このページのtopに戻る

大鳥前商栄会商店街のリビオ目黒ザ・プレイス

2015-01-08

目黒駅から目黒通りの権之助坂を下り、目黒新橋を渡ったところから山手通りまでの商店街を大鳥前商栄会といい、歩道には屋根が付いていたのですが、その屋根が取り払われ建物の解体が始まったので、商業ビルの建替えなのだろうと勝手に想像していたら、最近になって、その壁に建築計画と「リビオ目黒ザ・プレイス」になると説明が掲げられた。

それで、商店街の屋根と一階の店舗はどうなるのだろうか、というのが第一印象、販売用のホームページは開設されているが、それらの説明が下記にはないし、どうも内容が薄いのでこれからなのだろう。

リビオ目黒ザ・プレイス
http://www.meguro7.jp/

売主は、物件概要によれば「新日鉄興和不動産株式会社」と「伊藤忠都市開発株式会社」とあり、販売提携(代理) に「伊藤忠ハウジング株式会社」との説明、新日鉄興和不動産と伊藤忠都市開発のJVのようにみえるが果たしてどうなのか、そして販売は伊藤忠ハウジングへ丸投げ?ではともみえるが、実際、よくわからない。

総戸数は52戸、14階建て、地権者3戸を含むとの説明があるので、その土地を新日鉄興和不動産と伊藤忠都市開発が購入(販売を考えてそうしたのかも)し、共同住宅として建替える事業ということであろう。目黒駅から徒歩7分なので至便な立地である。駅へは上り、駅からは下りとなる。

リビオ目黒ザ・プレイスmap

【物件概要】
物件名称 リビオ目黒ザ・プレイス
所在地 東京都目黒区下目黒二丁目392-5他(地番)
交通 JR山手線・東京メトロ南北線・都営三田線・東急目黒線「目黒」駅(正面口)より徒歩7分
地目 宅地
地域・地区 商業地域、準工業地域
総戸数 52戸(地権者住戸3戸含む)
敷地面積 624.35m²
建築面積 348.14m²
建築延床面積 3,443.18m²
構造・規模 鉄筋コンクリート造地上14階
建築確認番号 第UHEC建確26390号(平成26年12月18日付)
建物竣工予定時期 平成28年11月下旬
入居予定時期 平成28年12月下旬
分譲後の権利形態 建物専有部分は区分所有権、敷地及び建物共有部分は建物専有面積割合による所有権の共有
売主 新日鉄興和不動産株式会社
伊藤忠都市開発株式会社
販売提携(代理) 伊藤忠ハウジング株式会社
設計 松井建設株式会社
施工 未定
管理会社 株式会社日鉄コミュニティ(予定)
管理形態 区分所有者全員で管理組合を結成し、運営・管理業務は管理会社へ委託予定
駐車場 11台(機械式8台、身障者用1台)(月額使用料未定)
自転車置場 52台(月額使用料未定)
バイク置場 5台(月額使用料未定)
ミニバイク置場 12台(月額使用料未定)
関連記事

住友不動産 山手通り沿いに(仮称)中目黒四丁目8番計画 | topページへ戻る | 目黒駅前再開発 目黒駅前タワープロジェクトの壁案内

このページのtopに戻る

コメント:

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る

プロフィール

Klubnika

Author:Klubnika
筆者は住宅や住環境について高い関心を持っており、筆者の居住地区である首都圏を中心にマンション等の情報観察を行っております。興味を引かれた物件、視野に入ってきた課題や問題等について私の知見を基に考察を書き記そうかと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。