FC2ブログ

top  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  住まい・地区情報  >  かつての都電ヱビス長者丸線跡界隈

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シティテラス恵比寿伊達坂 | topページへ戻る | 武蔵小山飲食店街と市街地再開発事業

このページのtopに戻る

かつての都電ヱビス長者丸線跡界隈

2015-03-08

品川区上大崎2丁目、渋谷区恵比寿3丁目、目黒区三田1丁目の境界付近にかつて都電ヱビス長者丸線が運行していた。

ヱビス長者丸線は広尾・天現寺橋から終点のヱビス長者丸までの1.2㎞、恵比寿ガーデンプレイス、ウエスティンホテル東京の南側、つまり恵比寿ビール工場の脇まで都電が運行していた。この路線、行き止まりであり乗客も少なかったとみえて、戦時中にレールを供出したため運行停止(昭和19年5月4日)に追い込まれたそうだ。

1913(大正2)年4月27日:天現寺橋 - 伊達跡間開業
1922(大正11)年7月31日:伊達跡 - ヱビス長者丸間開業
1944(昭和19)年5月4日:戦時統制、鉄材供出などで天現寺橋-ヱビス長者丸間が廃止

その一つ手前が伊達跡、この伊達跡とは、宇和島藩伊達家の下屋敷がこの地にあったことから名付けられている。また、嘗ての町名が「伊達町」であった痕跡は現在も残っている。それゆえか、伊達坂だったり伊達公園だったり、マンションの名前にも伊達坂が使われている。

シティテラス恵比寿伊達坂
http://www.sumitomo-rd-mansion.jp/shuto/ebisu/

天現寺橋(外苑西通りと明治通りの交差点)には7系統(品川駅前-天現寺橋-四谷三丁目)と8系統(中目黒-天現寺橋-日比谷)の路線が運行され、角に広尾電車営業所(車庫)がった。しかし、7系統の広尾線及び8系統の天現寺橋線は1969年、昭和44年10月26日に廃止された。都電廃止後、広尾電車営業所は、都営広尾五丁目アパートとなっている。

実際の天現寺橋は、渋谷川と笄川の合流する地点(それより下流を古川と呼ぶ)に架かっている橋を指す。



関連記事

シティテラス恵比寿伊達坂 | topページへ戻る | 武蔵小山飲食店街と市街地再開発事業

このページのtopに戻る

コメント:

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る

プロフィール

Klubnika

Author:Klubnika
筆者は住宅や住環境について高い関心を持っており、筆者の居住地区である首都圏を中心にマンション等の情報観察を行っております。興味を引かれた物件、視野に入ってきた課題や問題等について私の知見を基に考察を書き記そうかと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。